何気ない痒みは危険信号!

シャンプーは欠かさないのに頭皮が痒い!

毎日のシャンプーは欠かさないのに頭が痒いという人はいませんか!?ふと気が付いたら仕事の最中にポリポリ。自分で意識している以上に頭を掻いているかもしれません。

 

何気ない痒みは頭皮からの危険信号です。毎日しっかりシャンプーしているから気にする程でもないだろうと、軽く流さないようにしましょう。シャンプーを毎日欠かさず丁寧に行っている人でも頭が痒くなることがあります。

 

シャンプー剤の強い洗浄力によって必要な皮脂までも洗い流してしまっているケースです。また熱過ぎるシャワーによって洗い流されている場合もあります。

 

シャワーの設定温度は38度を目安にぬるめに設定しましょう。慢性的な乾燥状態が続くと頭皮へのダメージが蓄積され、やがては抜け毛や薄毛につながります。

 

乾燥か、と侮ってはいけません。乾燥にはシャンプー方法を見直すのも効果的です。例えば休日、スタイリング剤を使わないまま屋内でのんびり過ごした日は髪の毛や頭皮はさほど汚れていません。

 

そんな日はシャンプー剤を使わずに湯洗いだけでも十分です。しかし強い痒みを感じたり、痒みが長引いたりしている時は疾患を抱えているケースも考えられます。

 

痒みを伴う疾患としては脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、頭ジラミ症、接触性皮膚炎、場合によっては乾癬という事もあります。頭皮の痒みを抑える市販薬もありますが、見た目や形状で自分に合っているかどうかを判断するのは難しいと思います。

 

特に広範囲となると対処するのも大変です。まずは医師の診断を受けて原因と疾患の種類を正しく把握しましょう。その上での治療とケア方法の改善をお勧めします。

 

何気ない痒みは頭皮からのSOSです。耳を傾けて数年後の若々しい髪の毛を守ってあげましょう。