意外と知らない?ストレスと髪の毛の関係

ストレスと髪の毛の関係!

仕事や恋愛、人間関係、家庭等で悩みや問題を抱えているとストレスが溜まります。一見するとあまり関係なさそうにも思えますが、このようなストレスは髪の毛にも大きな影響を与えます。円形脱毛症はその代表的な例でしょう。何故このような事が起こるのでしょうか。

 

ストレスは精神的なものだと思いがちですが、実は体と密接な関係にあります。人はストレスを感じると血流が悪くなります。自律神経という体のオン・オフのバランスを司るホルモンの働きを乱してしまうからです。

 

髪の毛や頭皮は血管を通じて様々な栄養を受け取っています。血流が悪くなれば必要な栄養が髪の毛や頭皮にまで行き届かなくなります。その結果、髪の毛の発育が悪くなったり、抜け毛が増えるといった事が起きてしまったりするのです。

 

また自律神経の司る男性ホルモン・女性ホルモンは元々髪の毛と関わりの深いホルモンです。自律神経の乱れによってこのバランスが崩れると髪の毛に直接的な影響を与えます。これらホルモンバランスの乱れが原因の脱毛症もあるので、自律神経を乱すような不規則な生活も避けるようにした方が良いかもしれません。

 

ストレスを溜めこまない生活は理想的ですが、現代人は過度のストレスに晒されていると言います。またストレスの量を知る事も出来ませんので日頃から発散するように心掛けるしかありません。

 

例えばスポーツやカラオケ、趣味等の時間を定期的に作るようにするのです。「ストレスなんて感じていない」という人は特に意識して発散出来る場を設けるようにしましょう。ヘアケアをしながらストレスを発散する方法もあります。

 

ヘッドスパやヘッドマッサージです。これならヘアケアと同時にリラックス効果を得る事が出来ます。爽快感のあるヘアケア剤を利用してセルフケアを行うのもお勧めです。定期的に行ってみてはいかがでしょうか。